日本小児遺伝学会

日本小児遺伝学会について

日本小児遺伝学会は、「日本小児科学会」の分科会です。

日本小児科学会

理事長 小崎健次郎
慶應義塾大学医学部 臨床遺伝学センター 教授)

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-5363-3581..発信音.. 62901
(自動交換、研究室)
FAX: 03-6368-4315

お知らせ

第40回日本小児遺伝学会学術集会の準備を進めています(第4報)

第40回日本小児遺伝学会学術集会会長 長谷川奉延

日時
2018年1月12日(金)、13日(土)
会場
慶應義塾大学三田キャンパス 北館および東館(参加者へのご案内(PDF)
大会長
慶應義塾大学医学部小児科学教室 教授 長谷川奉延
テーマ
裾野は広く、頂は高く(ポスター
一般演題募集期間・
募集要項
2017年8月1日(火)正午~2017年10月3日(火)正午まで
(一般演題募集期間を延長しました)
演題の登録は下記の「詳細はこちら」からのオンライン登録のみとなります。
演題名、ご所属名、診療科、筆頭著者名、共著者名、抄録本文等の情報をご登録ください。 「詳細はこちら」の中の下のほうにある「演題登録」ボタンよりお進みください。
学術集会参加費
一般(会員・非会員):5,000円
学生(大学院生除く):1,000円
懇親会
第40回学術集会では「懇親会」はございません。
宿泊
第40回学術集会では、事務局として宿泊施設の斡旋は行っておりません。
各自でのご手配をお願いいたします。

詳細はこちら


日本小児遺伝学会理事会から学会員の皆様へのお知らせ

Dysmorphologyの夕べ

小児病院や大学病院小児科で、多発奇形症候群の子どもたちの診療や遺伝カウンセリングを担当する医師たちが、この分野の魅力を周囲の関連する先生方にも伝えてゆきたいという考えのもとに、平成14年に始められた、日本小児遺伝学会がバックアップするイベントです。

» 詳しくはこちら

若手小児科医のための教育コンテンツ

American Journal of Medical Genetics編集長
ユタ大学小児科 John C. Carey教授

『症例報告の書き方』

貴重な患者さんの記録を後世に残すことの重要性を説いていただくとともに、EditorやReviewerが採否を決めているポイントについても解説してくださいます。

画像をクリックすると、動画プレゼンテーションを視聴できます。

動画配信協力:インターマインズ株式会社